ずっと伝えていきたいことを商標登録®しています。

13679871_994941100622489_4495198768189958531_o

 

 

 

 

 

 

 

いんやん倶楽部が大阪にて陰陽調和の重ね煮料理教室を設立してから30年余り。

弊社では、「いんやん®」「陰陽調和料理®」「手当て食®」を商標登録しております。

 

「いんやん®」は、弊社の社名ですが、陰陽(いんよう)の英字表記を音読したものから名づけました。

陰陽とはこの世界全てに流れるエネルギーの流れのことです。

陰、陽のどちらかが悪い、どちらかが優れていると言う概念ではありません。

そして、いんやん倶楽部が一番大切にしていることは、陰陽が調和していることです。

 

「陰陽調和料理®」は、お鍋に陰と陽の食材を順に重ねて火にかけることで、食材が調和する料理方法です。

調和とは中庸になることでもあります。

そして、中庸とは私たちヒトにとって最も自然であり心身ともに穏やかに過ごすために目指すところです。

 

「手当て食®」とは日本の台所にある身近な食材で、健康を守る昔ながらの知恵です。

特に飲んだり、食べることで身体の調子を整えていくことを「手当て食®」と名付けました。

工場では手作りで簡便な瓶詰製品も陰陽調和を大切にして作っております。

 

【健康は毎日の食事から】を理念として派手さはないが身体に優しい料理を作る。

そのような日々の助けになるように料理教室では、梅﨑和子流の重ね煮とお手当てをお伝えしております。

また、江戸時代に花開いた養生と言う生活の知恵を、現代に生きる私たちにも使いやすい「手当て食®」製品として製造しております。

 

温故知新。

 
これからも料理教室、製造会社共にいんやん倶楽部の理念を商標登録でも示してまいります。

 

 

ページトップへ