おばあちゃんの手当て食 自然の力で癒す食の処方箋

自然の力で癒す食の処方箋

 

梅﨑和子・著(健康料理研究家)
家の光協会 
定価1,400円(税別)
初版2007年7月1日

体調を崩したら身近な食べ物でいたわる、
暮らしのなかから生まれた知恵の数々
 

*本書の内容*
【第1章】飲んで、食べて治す1
穀物の手当て食

玄米クリーム、甘酒、五穀がゆ、そば米汁、小豆昆布、黒豆の五目煮、きなこプリン ほか
【第2章】飲んで、食べて治す2
野菜の手当て食

大根はちみつ、れんこんくず湯、根菜のきんぴら、野菜スープ、しょうが湯、あらめの煮物 ほか
【第3章】飲んで、食べて治す3
季節素材の手当て食

たんぽぽ茶、ふきのとうみそ、梅醤番茶、かりんくず湯、柿なます、きんかんはちみつ煮 ほか
【第4章】貼って、塗って治す
食べものを使った手当て法

野菜枕、しょうが湿布、梅酢のうがい、アロエの液汁、大根干葉の湯、さといもパスタ ほか

 

 

  • 開講講座一覧はこちら
  • レシピ一覧はこちら

ページトップへ