図解 陰陽調和料理

健康をつくる食べ方入門   梅﨑和子・著(健康料理研究家)
A5判・112ページ
農文協 
定価1,500円(税別
初版2006年6月30日

★自然の原理をからだに取り込み、健康をつくる★
陰と陽ってなあに?
からだを冷やす食べもの、温める食べものとは?
なぜ旬の食べものがいいの? 
なぜ皮も根もまるごと食べるの?
「重ね煮」ってなあに? 食養生ってどんな意味?

今日から始められる 
陰陽調和料理の理論と実際をやさしく解説

 

* こんな内容です *

【第1章】 「陰」と「陽」私たちを取り巻く自然のシステム
【第2章】 家庭で出来る食の養生法
【第3章】 陰と陽のバランスをととのえる食のポイント
【第4章】 陰陽の見分け方と調和のさせ方<
【第5章】 食材の選び方と献立の立て方
【第6章】 おいしく健康をつくる重ね煮料理
【第7章】 薬に頼らない「手当て法」

  • 開講講座一覧はこちら
  • レシピ一覧はこちら

ページトップへ