梅﨑和子の陰陽重ね煮クッキング

梅﨑和子・著(健康料理研究家)
A5判・96ページ(うち64ページカラー)
農文協刊
定価1429円(税別)

 

おいしい
「重ね煮」は、野菜のうまみをひきだす料理法。
だから、だしを使わなくてもおいしいのです。

簡  単
皮むきも、あく取りも必要なし。
「時間がかかる」「下ごしらえが面倒」と
敬遠しがちな煮物や和えものを、お鍋ひとつで簡単に作ります。

健康によい
「陰」と「陽」という自然の摂理を食卓に盛り込む
重ね煮は、心と身体を健やかに保ち、
アトピーや生活習慣病、冷え性などを改善します。

* こんなレシピを紹介しています *

【汁もの】季節のみそ汁けんちん汁、かぼちゃと玄米のポタージュ、タラのトマトスープ、
干貝柱の中華風スープ、冬野菜のクリーム煮、じゃがいもの豆乳スープなど

【煮もの】春と秋の吹き寄せ煮、春と秋の筑前煮、えんどう豆の若竹煮、炒り豆腐、
五目春雨、チリコンカン、野菜とひじき煮、にんじんきんぴら、
大豆と大根葉のみそ炒めなど

【ごはん】
うなぎちらし、れんこんごはん、ほたてごはん、三穀ごはん、雑穀ごはん、
炒り玄米ごはん、金時豆ごはん、炒り大豆とひじきごはん、
さつまいもごはん、玄米かゆなど

【和えもの】鍋一つでできるごまみそ和え、長ねぎの白和え、えごまとブロッコリーのぬた、
かぶの煮浸し、洋風ピクルス、和風甘酢漬け、
にらともやしのナムルなど

【このほか】八方菜、にがうりのチャンプルー、豆乳コロッケ、ポテトコロッケ、
秋鮭のレモンソース、もちもちれんこんバーグ、冬瓜のカニあんかけ、
野菜カレー、豆カレーなど

  • 開講講座一覧はこちら
  • レシピ一覧はこちら

ページトップへ