会社概要

病気になる前にまずは予防するという暮らし方、
食べることのたいせつさを伝えたい

日本には江戸時代に貝原益軒(かいばらえっけん)が著した『養生訓(ようじょうくん)』をはじめ、古くから多くの健康書があります。そのほとんどが、今でいう予防医学を説いています。

体験的に書かれた病気やけがをしないための暮らし方、生き方=「養生」の大切さは奥深く現代人が学ぶべき事が多くあります。

日本で生まれた「食養」は明治のころに石塚左玄の「健康を保つにはその土地でその季節にとれた食物を口にする伝統食に意味がある」をいう考えがもとになっていると言われています。

アトピーやアレルギーの症状の子どもをもつ母親たちで
“家族みんなの健康は毎日の食卓”にあるということを伝えていこうと
立ち上げた会社が「いんやん倶楽部」です。

家族の健康は自分で守るという意識を持ち不調を感じたらまず家庭で対処する知恵が持てるように、先人たちの知恵である「養生」や「食養」を、特別なことではなく日々無理をせず簡単に調理が出来て体を養生出来る “おいしい”養生食「養生家庭料理」として伝えています。

不調を感じた時に食べるお粥や梅干し入りの番茶はからだにやさしい昔ながらの手当て食です。
身近にある野菜や調味料の薬効を知り、できるだけ農薬や化学肥料を使わない安全な食材や昔ながらの製法や醸造法で造られた調味料を使った手当ての知恵も伝えています。

事業内容

作るだけ、売るだけではなく、健康になりたい、丈夫になりたい、という切実な願いのために、根本的な解決法を見つめ、サポートしていきたいと考えています。
料理教室も商品づくりも根本にあるものは同じです。

会社概要

名称
有限会社いんやん倶楽部
設立
1991年11月
資本金
1,000万円
事業内容
健康料理教室、食品製造卸、自然化粧品卸
役員
取締役 梅﨑和子

ページトップへ