食材探訪~三つ葉~

江戸時代から食用されてきた、日本の各地に自生する野草。
独特のさわやかな香りと、鮮やかな緑は日本料理の彩にかかせません。

三つ葉

三つ葉の種類

スーパーなどで見かける三つ葉は、年中栽培されている根つきのまま出荷される「根三つ葉」
根を切り捨てた促成栽培の「切り三つ葉」、水耕栽培の「糸三つ葉」の3種があります。

我が家では、温かくなる3月下旬ころより、知り合いより野山から株わけしてもらった三つ葉の新芽が一斉に芽吹いていきます。
5月の初旬頃までは、柔らかい三つ葉を茎ごととって、和え物や、おひたし、などにします。
香りはスーパーに並んでいるものより格段に良く、みずみずしくほんのりとした甘みがありとても美味しいです。

生命力はとても強く、庭に植えてから今では日のあまり当たらないじめっとしたあたりのを覆い尽くすほど広がっています。
野生の三つ葉の旬である3月~5月に野山で三つ葉を摘める機会がありましたら是非とも味わっていただきたいほど美味しいです。

三つ葉

三つ葉ってどこがよい?

三つ葉の豊かな香り成分には、胃もたれを解消し食欲を増進させる働き、神経の興奮を鎮めストレスを解消する働きがあると言われています。
昔から子供の疳の虫や夜泣きに三つ葉の絞り汁を飲ませるのがよいというものがありますが、これも香りの成分のおかげなのでしょう!

栄養面でもカリウム、ミネラルなど優れていて、特にβカロテンがとっても豊富!
βカロテンは体内でビタミンAに変換され、肌の粘膜を正常に保ったり、目の働きをサポートします。
ビタミンAに変換しなかったものも、抗酸化物質として働き、生活習慣病に予防に役立ちます。

関連レシピ:簡単すまし汁~梅醤エキスを使って~

いんやん商品のご購入はこちら

ページトップへ