News

TOP > オンライン講座 > 【オンライン】春夏 初級科健康コース(4月~9月)
2021.02.09

【オンライン】春夏 初級科健康コース

「何をどう選び健康を保つのか考える」ことを通じ、日々の食生活を見直す教室です。

春夏健康コースは、「春野菜で重ね蒸し煮の味比べ」「調味料の比較、味見」「養生家庭料理の大切さ」をじっくりと学びます。
安全安心な食を目指したいけど、どうしたらよいのかわからず悩んでいる人におすすめです。

レシピは旬の野菜や魚介類を使い、季節ごとの豊富な献立が学べます。
油の上手な使い方のわかる献立もお伝えします。

講師の講義を聴く時間と生徒の皆さんで調理実習する時間を合わせて、1回の講座となります。

☆期間は半年ですが、1年通して四季に応じたレシピを紹介するので年間受講をお勧めします。

【オンライン講座の特徴】

★講座で使う手に入りにくい食材(本葛粉、洗いごまなど)を2回に分けてお送りします。

その際、一緒にいんやん倶楽部の商品もお送りすることも可能です。

★情報共有サイトを使って講座日でなくても、生徒と講師の情報交換や質問ができます。

動画やzoomのURLの掲載、課題や他の生徒さんからの質問の回答の共有、課題提出の場として幅広く使います。スマホ、タブレット、PCどこからでもアカウントさえあれば入れます

★講座後に定期的にに講師と生徒さんの交流会を開催します。(自由参加)

★動画は期間内だと何度でも視聴が可能です(講座日より1か月)

★オンライン受講とは別で、東京・大阪・京都いずれかの教室で2回まで無料で参加できます。

実際の教室で是非とも味の確認をしてみてください。(受講中や次年度の同じ講座で参加できます)

☆期間は半年ですが、1年通して四季に応じたレシピを紹介するので年間受講をお勧めします。
※醤油、味噌などの発酵調味料は使用致します。

この教室の概要

受講資格
どなたでも受講出来ます
受講期間
10:00~11:30
4/26.5/17.6/7.6/21.7/5.7/26.8/23.9/27☆6ヶ月/全8回(10月〜3月)
受講料
全8回 41,000円(テキスト代含む)
※分割の場合 1回目24,000円 2回目17,000円
+別途参考書「図解よくわかる陰陽調和の重ね煮」1,650円(お持ちでない方のみ)
開催場所
ネット環境が整っていて、各自が受講しやすい場所
持ち物
持ち物:パソコンなどzoomができるもの、筆記用具、お送りするテキストとレシピ
備考
フリーチケット使用可

フリーチケットとは? 

オンライン講座の流れ

①お申し込み・入金完了の確認後、情報共有サイトにご招待

②1回目、5回目の講座前にレシピ・テキスト・材料の一部を送付

③可能な方は講座前に公開するレシピ動画で予習

④当日は、共有サイトより事前にお伝えしているzoomのURLより入室
当日受講が難しい場合は録画受講も可能です。録画は講座後に編集してお渡しします

⑤受講後、毎回1品以上実際に料理を作って共有サイトに課題提出

LINEやメールなどで随時、質問・疑問にお答えします。

→オンライン講座日程一覧(PDF)

→オンライン講座お申し込み

どんな事が学べる?

自然の流れにかなった「旬の食材を使った献立が立てられる」ように季節に沿った料理を学びます。

家庭料理とは?陰陽調和とは?の講義と配膳のしかたに始まり、1年通して受講していただければ、自然の理にかなった献立の立て方がわかるようになります。

そしてご飯、お汁、主菜、副菜を自然と食卓に並べられるようになった頃には、自分で積極的に健康管理する基本が身に付きます。

初級科健康コース(4月~9月)の特長

  • 養生家庭料理の実際を梅﨑から2回にわけて講義がある
  • 春夏の台所手当てと身体との付き合い方を学ぶ
  • 塩、醤油、味噌など基本の調味料について味も見ながら選び方を考える
  • 食生活の変化と、身体との向き合い方を考える

初級科健康コース 通年で学べる事

  • 社会の中でとらえる現在の自分の健康と臨むあり方、選択の仕方を考える
  • 基本の調味料について、一つ一つ丁寧に学び、選び方を身につける
  • 「油」や「小麦」も含め総合的な料理のやり方を学ぶ
  • 安心安全な食生活をおくるための選択の仕方などを学ぶ

初級科で共通してお伝えしていること

  • 陰陽調和料理の重ね煮の基本と実践
  • 養生家庭料理の基本・献立の基本・食材の話(旬や扱い方など)をお伝え
  • 私達の身体にあった季節の献立、暮らし方のコツが身についてくる
  • 季節の保存食・手仕事(梅干し・かりん漬けなど)をご紹介
  • 食材を使った季節を乗り切る先人の知恵である「手当て」を実践でお伝え
  • 梅﨑和子の授業が2回入る(中級科・上級科はすべて)

講義内容

講義内容
  • いんやん倶楽部が伝えたい三本の柱
  • 養生家庭料理の実際
  • 養生家庭料理と台所手当~春夏編~
  • 安心安全な食生活~調味料編~
  • 食生活の変化について

学ぶ手当て(身体の内側から整える)

  • 梅醤番茶
  • 玄米小豆粥

季節の手仕事

  • 梅ジュース
  • 梅干し
  • 山椒のみりん漬け

メニュー

メニュー
  1. 1. 五分つき米ごはん、あさり貝の和風スープ、若竹煮、切干大根のハリハリ漬、みそ味あんの柏餅
  2. 2. 春の炊き込みごはん、若竹味噌汁、えんどう豆のあられ煮、春の胡麻醤油和え、揚げパイ
  3. 3. あおさごはん、胡麻豆腐のすまし汁、重ね煮のうま煮、ひじきの山椒煮、(手当て)梅醤番茶、玄米小豆粥
  4. 4. 麦入り玄米ごはん、季節の味噌汁、揚げ豆腐のあんかけ、重ね蒸し煮サラダ、涼雲羹
  5. 5. 麦ごはん、冷や汁、和風焼き南蛮、トマト入り味噌炒め、梅肉ゼリー
  6. 6. 黒米入りごはん、野菜カレー、そばサラダ、きゅうりのたたき漬け、くず餅の豆乳仕立て
  7. 7. お台所ちらし寿司、沢煮椀、冬瓜と車麩の味噌煮、きゅうりとわかめの梅醤和え、白玉入り水ようかん
  8. 8. 五分つき米ごはん、玄米野菜ポタージュ、南瓜コロッケ、梅和え、豆腐団子

※旬の野菜を使用しておりますので、気候変動などによりメニューの順番や材料が変更される場合がございます。
※全レシピで白砂糖、卵、乳製品は使いません。

NEWS一覧へ