News

TOP > コラム・レシピ > 春の筑前煮
2018.11.27

いんやん倶楽部の春の重ね煮の代表メニュー

皮むきもアクとりも必要なし!

お鍋ひとつで簡単にできちゃう、旬をぎゅっと調和させた一品を召し上がれ!

関連記事:食材探訪~ふき~

材料 4人分

ごぼう
40g(皮をむかずに乱切り)

人参
50g(皮をむかずに乱切り)

ふき
50g(皮をむき2cmの長さに切る)

たけのこ
70g(米ぬかを入れて柔らかくゆがき、乱切り)

干しいたけ
中2枚(水で戻してまわし切り)

だし昆布
4cm角(湯で戻して1.5cmの色紙切り)

こんにゃく
50g(手でちぎって塩ゆで)

絹さや
8枚

醤油
大さじ1~2


1カップ弱(椎茸、昆布の戻し汁を使う)

 

つくりかた

1.ごぼうからこんにゃくまでの材料を鍋に重ね、水を材料の7~8分目まで加えてフタをし、強火にかける

2.沸騰して良い香りがしてきたら、弱火にし、8分通り柔らかくなるまで煮る

3.残りの水と、醤油を2~3回に分け入れ調味する。

4.このとき、水分が足りないときは、醤油と水を混ぜた割り醤油をして入れると良い

5.汁気がなくなるまで煮含め、最後に絹さやを加えて色良く煮る

NEWS一覧へ